タイトル
 
平成30年5月12日(土)学習会開催!
テーマは「個別学習の意義と指導について」です!!
会場は岩槻駅東口コミュニティーセンターです!!
申込はこちらから
 
新着情報
12345
2018/04/09

実施要項とチラシです。

| by:hatakeyama
学習会開催まであと1か月となりました。
昨年度8月に企画し9月から動き始めてもう4月。
時間の経過があっという間です。
今回のメインテーマは「個別学習」です。
自立活動としての個別学習では、主にコミュニケーションや環境の把握、心理的な安定や身体の動き、人間関係の形成等の項目が関連付けられて授業づくりがされていくかと思います。また、教科「国語」や「算数・数学」も知的障害の教育課程においては、実態差がどうしても生じてしまう小集団のグループ編成で指導するよりも、個別学習で授業づくりをした方が、課題設定も個の特性を配慮した指導方法も、学習量(試行数)も断然効果的であり有効と考えます。

学習会で個別学習についてさらに学び合えたらと思います。
詳細は以下のファイルをご参照ください。

チーム埼玉学習会開催のご案内300512.pdf
学習会5月 (3).pdf
22:00
2018/04/08

次回学習会の申込開始!

| by:uemura
次回の学習会の申込を開始しました。
こちらからよろしくお願いします。

概要は以下のとおりです。
日 時:平成30年 5月12日(土)13:00~
場 所:岩槻駅東口コミュニティーセンター ワッツ A ルーム
講 師: 筑波大学大学院人間総合科学研究科教授 川間健之介先生
参加費: 1000円

詳細については、まとまり次第、ホームページやブログでお伝えします。
ぜひともご参加ください。


22:26
2018/03/27

心を動かす

| by:hatakeyama
教育の本質。

子どもの心を動かすことができる教師。

教科学習は教師によって一方的に授けられるものではなく、子ども達が主体的に学ぶことによって獲得されていくものである。

教師の子ども達に対する言葉かけの大切さ。語りかけることによる信頼関係の構築。

子ども達の心の動きが、主体的な動きを引き出し、伝えたい気持ち、言葉を育てるということ。

教師がいかに子どもの心を動かすか。

これが現場で働く教員としての専門性ではないかと考えています。。
00:33
2018/03/05

授業改善の重要な視点として

| by:hatakeyama

大人がやってほしかったり、期待していたりしている振る舞い方について

・子どもは意味を見いだしているのか

・やりたいと思っているのか

・「やりたい」に支えられて「どのようにやろうか」考えているのか

・大人とのやりとりの中でこれらを見いだし、取り組もうとしているのか

・大人は、やろうとしている子どもの意欲(情動)や、やり方を支えているのか

避けたいのは「やらせてしまうこと」。

これらのことをしっかりと踏まえて授業改善していければと思っています。

全ての授業づくりにおいて、今、自分が一番伝えたいことです。


23:00
2018/02/18

教材教具作成の会、ありがとうございました。

| by:hatakeyama
やはり、チーム埼玉学習会は面白いと改めて実感しました。

目の前の子ども達のために、自分自身の専門性向上を目指して努力を惜しまない先生方と共に学び合っていることの面白さなんだろうと思います。意識の高い先生方と話をすることで生まれるエネルギ―。共に刺激しあっているからこその面白さなんだろうなぁ。

自分としては、これまで作りかけの教材、作りたかった教材を2つ作ることができました。

それ以上に、参加された先生方が作られた教材教具の発表を見て聞いて、「これもいいな~」「すごいなぁ~」と思っちゃいました。

ご参加いただいた先生方、本当にありがとうございました。

次回、5月12日の川間先生の会もどうぞ宜しくお願いします!

22:02
2018/02/14

個別学習の指導について

| by:hatakeyama
午前中は実践報告をします。

所沢おおぞらの畠山が個別指導の指導技術について映像を基に話をします。
また、秩父の宮前先生が教材教具についてのプレゼンをする予定です。

個別学習の指導技術に関しては、大学で学んできたという先生方はあまりなく、現場でのon the job trainingによる学びがほとんどであろうかと思います。今回は休日土曜日のoff the job trainingとなります。次々回の筑波大学の川間健之介先生のご講演の前座の話になればと思い企画しております。この機会を是非ご活用いただければと思います。

午後は、実際に教材教具を作成する時間を設け、後半に作成した教材教具のプチ発表会を予定しています。

本日、文房具専門店でブックカバーフィルムや板目用紙等を購入しました。学習会当日、使いたい放題で提供する教材用の材料です。思いっきり使っちゃってください。
23:03
2018/02/13

2月17日の学習会へ参加される先生方への連絡です。

| by:hatakeyama
今週末の教材教具作成学習会へのご参加ありがとうございます。

これまでの教材教具の作成会と異なり、今回は諸事情によりプリンターやラミネーターは用意することができません。

なので、作ろうと思う教材の素材はご自身でプリントアウト及びラミネートをしてご持参ください。

お手数をおかけして大変申し訳ありませんが、御理解と御協力のほど、何卒宜しくお願いいたします。
23:02
2018/02/06

次回学習会まであと2週間を切りました。

| by:hatakeyama
教材作成のための素材(A4ケースやその他必要なある程度の材料)を提供する予定です。

また、教材作成をする上で必要なデータ(絵カードや写真、イラスト、プリント教材など)も用意する予定です。著作権に触れない範疇でオリジナルデータを提供する予定です。

さらに、これまでの学習会で提供してきたものも含め、各教科の指導の系統性を示した指導内容表などの情報も提供する予定です。

学習会に参加した先生方が「来てよかった」と思っていただけるように準備していきたいと思っています。

お楽しみに!

次回、教材教具の会の会場は、岩槻駅東口コミュニティーセンター、ワッツAルームです。

学習会の後の飲み会は大宮を予定しています。
23:32
2018/01/21

申し込み開始しました。

| by:hatakeyama
学習会への申し込みを本HPの「学習会への申込」にて、開始しました。
多くのご参加をお待ちしております。

お土産データも用意していますので、USBも持参してもいいかもしれません(ウィルスはインフルエンザだけではなくて怖いけど・・・)。

「教師の決めた根拠のないルールに従うことはない」

知的障害特別支援学校に関わらず、特別支援学校には、この教師が決めた根拠のないルールがたくさんあるように感じています。

ルールを作る立場の教員として、そのルールの信頼性や妥当性を証明できるほどの科学的な根拠に基づいた説明責任を果たせるだけの専門性を持ち合わせていればよいのですが・・・。
23:59
2018/01/18

自立活動

| by:hatakeyama
次回、埼玉学習会教材作成会.pdfはこちらから。

「自立活動で、何をしていいのかわからない」という意見をよく聞きます。

 この質問の回答として自分がよく示す資料は、発達段階の表及びこれまで様々な特別支援学校が学校研究として示してきた指導内容表、知的特別支援学校校長会が示してきた指導内容表です。

 ある意味、個別学習をする上での羅針盤になるものと考えています。航海する上での指針が必要で、子どもの発達のおおよその道筋(基礎学習)や国語や算数等(教科学習)の系統性をある程度知っていないと、実態把握に基づいて適切な課題を設定することはできないと思います。

 このことを踏まえていないと、トンチンカンな学習の提示となり、できない体験を積み重ね、自尊感情を低下させる一方になったり、楽勝過ぎて不適切な行動を生起させたりする原因となってしまいます。

 次回の学習会では、これまで示されてきた学習指導内容表や、教材教具作成のための素材等の情報提供、アナログ教材だけでなく、デジタル教材の情報提供も含め、参加された先生方へのお土産となるような情報を用意して企画運営していこうと考え、準備しております。

 講師を招聘する会とは違って、気楽に集まり、教材教具を作りながら学ぶことができるちょっと変わった学習会企画です。よかったら来てください。 
00:03
12345